三田技研トップページ                                                  .
レーザーの技術コンサルティング


現場で生じる問題から物理的な事柄まで、幅広く対応させて頂きます。
レーザーの専門家が親切丁寧に対応いたします。
費用の目安についてはpricelist_20160125.pdf (87kB、カタログ)を御覧下さい。


お客様の秘密を守ります

当然ではありますが弊社ではお客様の秘密を守ります。
詳しくはお客様の秘密についてを御覧下さい。
安心して御相談、御依頼下さい。


この様なお客様におすすめです

三田技研のレーザーの技術コンサルティングは例えば以下のお客様におすすめいたします。
・ メーカーの技術者の方
  重工、機械、電気電子、化学、バイオなど、あらゆる分野に対応いたします。
・ 研究機関の研究者の方
  生物系、医学系、物理系、工学系などあらゆる分野に対応いたします。
・ レーザーに関わる仕事をされている方
・ これからレーザーに関わる仕事をされる方
・ レーザー初心者でレーザー関連全般についてコンサルティングを必要とされる方
・ レーザー中級者以上でレーザー関連の一部についてコンサルティングを必要とされる方
・ レーザーに詳しい人に質問しても納得のいく回答が得られないことがある方


例えば、次の様なニーズに対応いたします

お客様の課題についてお気軽に御相談下さい。
・ レーザーについて知りたい。
・ レーザーを導入したいが、どうすればいいのか分からない。
・ レーザー初心者の従業員にトレーニングを行ないたい。
・ レーザーを導入するにあたって行うべき安全対策について知りたい。
・ レーザーを選定するにあたって仕様書の見方を知りたい、
  仕様書に書かれていない注意すべき点があれば知りたい。
・ レーザーの選定にあたって第3者の技術的な見解が欲しい。
・ レーザー購入時の納入検査にあたって第3者に立ち会って欲しい。
・ レーザーの使い方を知りたい。
・ レーザー発振器を購入したがそのままではアプリケーションに使えない、
  どうすればいいのか知りたい。
・ レーザーと他の機器を組み合わせて使いたい。
・ レーザーの保守・点検についてアドバイスが欲しい。
・ レーザー担当のオペレーターが替わったので、新たにトレーニングを行いたい。
・ レーザーが故障した。修理する上でアドバイスが欲しい。
・ レーザーがよく故障する。原因と対策を知りたい。
・ 物理的な疑問に答えて欲しい。
・ 意味の分からない数式があるので解説して欲しい。


対応可能なアプリケーションの種類

物理、計測、バイオ、加工、化学、医療機器の初期の試作、
その他のアプリケーションについて対応可能です。
アプリケーションについてエキスパートでいらっしゃるお客様のお話を伺い、
 必要に応じて勉強・調査を行いますので
 ケースによっては時間を要しますが、技術的な制限は特にありません。


コンサルティングの内容

お客様の御要望にあわせて例えば以下の内容でコンサルティングを提供いたします。
・ レーザー安全(注1)
・ レーザーの性能測定
・ レーザーと外部機器の同期
・ 外部光学装置
・ レーザーに関連した物理(注2)
・ レーザーの導入、運用、保守点検、故障修理
・ その他技術的な事項
注1)参考として、レーザー安全トータルサポート についても御覧下さい。
注2)参考として、焦点スポット径とM2(エムスクエアー値)について
資料M2_20100201.pdf (77kB)をダウンロードできます。

今までに行わせて頂いた仕事の例


コンサルティングの流れ

多くの場合にはおおむね以下の流れでコンサルティングを提供いたします。
1. お客様:電話またはメールを下さい。
2. 弊社:お客様のもとへ伺い、お話を伺います。
  (御注文を頂かない場合には、交通費を除いて費用が発生しません。)
3. 弊社:御見積をお送りします。
4. お客様:御注文。
5. 弊社:必要に応じて秘密保持契約に署名。
6. 弊社:お客様のもとへ伺い、より詳しくお話を伺います。
  内容によってはその場でお答えします。
7. 弊社:必要に応じて調査を行います。
8. 弊社:お客様のもとへ伺い、報告を行います。
9. 弊社:取り決めがある場合は報告書を提出します。
10. 弊社:請求書をお送りします。
11. お客様:お支払い。


担当者の経歴

このレーザーの技術コンサルティングの担当者(プロフィールはこちら)は
レーザーに関する物理学を学び、同時に現場での作業及び
ユーザーへのトレーニングの実績が豊富にあります。
従って理論と現場のどちらにおいてもお客様のお役に立つサポートを御期待頂けます。


対象とするレーザーの種類

レーザーの種類によってその扱い方が異なる為、レーザーのなかには
弊社が得意とするものと、弊社にとって対応が難しいものとがあります。

弊社が最も得意とするレーザー
QスイッチNd:YAG レーザーの基本波(1064 nm)及び
各高調波(532 nm, 355 nm, 266 nm, 213nm)で
ピークパワー密度(@1064nm)が100MW/cm2を超えるもの。

弊社が得意とするレーザー
・ ns(ナノ秒)パルスレーザー
・ ps(ピコ秒)パルスレーザー
・ fs(フェムト秒)パルスレーザー
・ 発振波長が200~1100nmの範囲にある
  パルスレーザー及びCW(連続発振)レーザー

弊社にとって対応が難しいレーザー

・ CO2レーザー
・ 波長が200nm未満のレーザー
・ 中赤外レーザー
・ 遠赤外レーザー



Copyright 2010, Mita Giken Co., Ltd. All rights reserved.