三田技研トップページ                                                  .
お役立ち情報


各光学部品メーカーや商社の技術解説
WEBページと紙のカタログ
商品の紹介だけでなく、光学の基礎、光学部品の選び方、光学系の組み方、等の
技術解説が載っていることがあり、なかには充実した内容のものもあります。


光学のテキスト
図解 レンズがわかる本
永田 信一
日本実業出版社

光学の基礎について、分かりやすくまとめています。
広い範囲をカバーしており、また基本的な数式も載っています。
これから光学を勉強される方や、あまり馴染の無いテーマについて
手早く知りたい方におすすめの一冊です。


光学のテキスト
Introduction to Optics
FRANK L. PEDROTTI, S.J.
LENO S. PEDROTTI
Prentice-Hall International, Inc.

光学の基礎について、詳しく解説しています。
しっかりとした内容です。
光学を勉強される方や、あるテーマについて復習をされたい方におすすめの一冊です。


レーザー工学のテキスト
Solid-State Laser Engineering
W.Koechner
Springer

固体レーザーについて、基本の物理から実際の装置にわたって解説しています。
机上の理論だけではなく、光学素子のダメージ等の現実的なテーマも取り扱っています。
レーザーのオペレーターからレーザーメーカーの技術者まで、
レーザー機器に携わる全ての方におすすめの一冊です。


レーザー物理のテキスト
QUANTUM ELECTRONICS
AMNON YARIV
JOHN WILEY & SONS

量子力学の紹介から始まり、レーザー物理について詳しく解説しています。
理論を深く勉強したい方におすすめします。


光学素子の点検用デンタルミラー

橘医療機器さんのDRY~130
以下の特徴があります。
突起部が無いので光学素子を傷つけにくい
ミラー部がコンパクトなので小さな隙間にも入る
好みの問題でもあるが、ミラーに曲率が無く見やすい
エタノールによる洗浄が可能

(2016年2月の時点で東急ハンズさんにて購入可能。)


光学素子の点検用ライト

単四電池2本を使用するマグライトまたは単三電池2本を使用するマグライト
以下の特徴があります。
細いので小さな隙間にも入る
先端部を回転させると光の拡がり具合を調節できる
先端部を簡単に取り外せて、むき出しのバルブが簡易点光源となる
本体に予備バルブが内蔵されている
丈夫で長持ちする
(この製品の最新の入手性については2016年1月時点で未確認)


光学素子クリーニング用のロックホルダー

はさむ部分の長さが35mm以上あるもの(メーカー問わず)
左上図の様に使う際に、はさむ部分の長さが使い易さに影響します。


レンズクリーニングペーパー

Kodakさんまたは富士フイルムさんの製品
カメラ屋さんで販売しています。
Kodakさんのものの方が価格が高く入手もしにくい様ですが、厚みがあるので使い易いです。
(Kodakさんの製品の最新の 入手性については2016年1月時点で未確認)


UV可視化カード
蛍光染料を使用した紙に355nm、266nmや213nmのレーザー光を照射すると青く光ります。
白く見える紙の多くには、青の蛍光染料が添加されている様です。
厚手のコピー用紙を名刺サイズに切ると、安価なUV可視化カードとなります。


700~1064nmの可視化
市販のデジタルカメラ
スクリーンにあたっているレーザー光(散乱光)を見るのに IR Viewer のかわりに使えます。
ただし、性能が良い製品にはきちんとしたフィルターがついているので
赤外光が見えず、使えません。
直視には使えません。


UV感光紙
富士フイルムさんのUVスケール
紫外レーザーを照射することでビームのプロファイルを記録できます。
感熱紙は近赤外レーザーに対して有効でまたありまた可視レーザーにも使用することが
できますが、紫外レーザーに対しては感度が不十分であると言えます。
そこで紫外レーザーに対してはこの製品をお勧めいたします。
注意点としては反射光による事故やレーザーの損傷を防ぐ為に
減光フィルムが付属する場合もその使用はお勧めいたしません。
以下の使用方法をお勧めいたします。
レーザーによるこのUVスケールの損傷や損傷による光 学系の汚染を防ぐ為に減衰した
ビームを長時間もしくは複数パルス(例えば数10秒や数100パルス以上)露光させる。
レーザービームに感光させたら環境中の紫外線にさらさない様にし、
なるべく速やかにスキャナーやカメラでデジタル画像化する。
使用しやすいサイズに切って使う。



Copyright 2010, Mita Giken Co., Ltd. All rights reserved.